×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠しやすい体作り

妊娠したくても妊娠出来ない・・・そんな悩みを抱えてる女性は意外に多いようです。妊娠出来ない理由、として考えられるものは様々あります。自分にあるのか、ご主人にあるのか。医学的治療が必要なのか、心理的なものなのか。挙げていったらキリがありません。私は医者ではないので、ここでは自分もご主人も医学的な問題はない、と仮定してお話しを進めていきたいと思います。まず妊娠しやすい女性と妊娠しにくい女性がいるのはどうも確かなようです。理由は明らかになっていません。ただ、やはり健康的な生活を送っている女性は比較的妊娠しやすい傾向にあるような気がします。規則正しい生活サイクルとバランスの取れた食事、そして適度な運動、ストレスをためない前向きな性格、こんな要素がそろっている人ほど妊娠しやすいように私は思います。

妊娠しやすい体作り その2

妊娠をするのに適度な体重は必要です。肥満も痩せすぎもいけないですが、痩せすぎは特にダメです。人間の体というのは不思議なもので、「こんなに痩せてる体じゃ妊娠生活は耐えられない」「丈夫な子供が産めないかもしれない」と体が判断すると、妊娠しにくくなったりする事があるようです。1番まずいのは過激で急激なダイエット(ある特定の食材のみを食べる○○ダイエットや、絶食ダイエット)と、リバウンドを繰り返しているような状態です。体内のホルモンバランスが崩れ、生理不順になったりします。排卵障害は妊娠したい人にとっては最も避けたい状態です。あとは酒、タバコはNGです。ただし酒は適度ならOKです。飲みすぎは絶対にダメですよ!タバコはもう絶対的にダメです。妊娠したいと願う人にとって、タバコを吸うなどというのは自殺行為です。生殖器官にダメージを与える事も医学的に証明されています。仮に妊娠しても子供に悪影響を与えます。タバコは止めたほうがいい、止めるべきだと私は思います。

妊娠しやすい体作り その3

妊娠に大敵なもの、その1つが「冷え性」です。冷え性は女性に特有の症状ですが、妊娠したい女性にとっては深刻な問題となります。まず冷え性の中でも、下半身が冷えやすいタイプの人だと卵巣や子宮などの生殖器官に影響が出てしまいます。冷え性の原因は血流の悪さが1つに挙げられますが、妊娠に必要な卵子を作る卵巣へ血液が流れにくくなる事で働きが弱まり、ホルモンバランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスが崩れる事は妊娠には大きな障害になってしまいます。冷え性を解消するにはいくつかのアプローチ法がありますが、まずは適度な運動をして下さい。ウォーキングや自転車といったいわゆる有酸素運動がベストです。また、入浴はシャワーのみで済ませず必ず湯船に浸かりましょう。体温程度のお湯で30分程度の半身欲がオススメ。あとはバランスのとれた食事。「体を冷やさない食材」を摂るようにしましょう。これはあちあちの食べ物、という意味ではありませんよ!一般的に根菜類やイモ類は体を冷やさない、とされています。妊娠しやすい体作りを心掛けた食生活を送って下さいね!

Copyright © 2008 妊娠したい!妊娠したい!妊娠したい!